サイトトップ «前の日記(2007-09-03) 日記トップ 次の日記(2007-09-06)» 編集

紙魚日記

シミ(紙魚、衣魚、蠹魚などと書くらしい)の飼育日記
 → 紙魚日記まとめページへ(駆除についてはこちら
 → 紙魚日記ギャラリー
2007|08|09|10|11|12|
2008|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|03|04|05|06|07|08|
2010|02|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|04|05|06|07|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|
| カテゴリ | その他 | オナガシミ | クロマツシミ | セスジシミ | マダラシミ | ヤマトシミ | 文献 | 観察 | |

2007-09-04

_ [観察][セスジシミ] 触角再生の謎

捕まえた時には左右の触角の長さが違っていたシミ。しかし急に触角の長さが同じになった。いったいどうやって再生したのか。触角の長さが同じになった後、触覚の切れ端のようなものが落ちているのを発見した。全長は約6ミリ。これが触角に関係したものだとすると、考えられるのは

1.短い方の触角が抜け落ちて新しい触角が生えた

2.短い方の触角だけ脱皮した

触角が猛烈な勢いで生えてこないと成り立たないので1はなさそう。となると触角だけ脱皮したのか? 落ちていた触覚の切れ端のようなものが中空なら「脱皮した」で間違いないだろうが、小さすぎてわからない。顕微鏡でもあればわかるかもしれないのだが。

昆虫の体の再生の話はよく聞くが、触角の再生の仕方は聞いたことがない。勝手にちょっとづつ伸びていくイメージを持っていたのだがどうなんだろう。

(→触角の再生

触覚の切れ端のようなもの

サイトトップ «前の日記(2007-09-03) 日記トップ 次の日記(2007-09-06)» 編集

紙魚日記まとめページへ(駆除についてはこちら
紙魚日記ギャラリー

広告について