サイトトップ 日記トップ 追記

紙魚日記

シミ(紙魚、衣魚、蠹魚などと書くらしい)の飼育日記
 → 紙魚日記まとめページへ(駆除についてはこちら
 → 紙魚日記ギャラリー
2007|08|09|10|11|12|
2008|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|03|04|05|06|07|08|
2010|02|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|04|05|06|07|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|
| カテゴリ | その他 | オナガシミ | クロマツシミ | セスジシミ | マダラシミ | ヤマトシミ | 文献 | 観察 | |

2011-07-02

_ [その他] LED(発光ダイオード)

LEDが届いた。これはシミの光に対する反応を見るために注文しておいたものだ。

昆虫には赤い色が見えていないというので光を嫌うとされているシミの観察に赤い光は好都合。だが赤一色では間違いなく見づらい。赤以外の光でもシミが逃げていかなければ観察には支障がないので決まった波長の光しか出さないLEDを使って確かめようというわけだ。よい結果が出れば飼育箱のふたの裏にLEDを付けるとか観察用のLEDライトを作るといったことが出来る。少し期待している。

LEDの購入先:LedMARkeT
その他必要な材料の購入先:共立エレショップ

_ t [LEDらんたんをオカダンゴムシで実験してみよ~っと。 ん?LEDならどれでも波長が同じって事ではないですか?]

_ ぽんぽこ豆 [単色のものは色が違うと波長も違いますけど、白とか電球色は複数の色が混じってます。今回は単色のものを五色買いました。 ..]


2011-07-07

_ [観察][ヤマトシミ] 一週間後の卵

ヤマトシミの卵を見つけて一週間、あまり様子は変わっていない。卵は気温が高いと10日ほどでふ化するという噂なのだが、どう見てもそんな短い期間でふ化しそうにない感じだ。そこそこ暑いのだがまだ足りないのだろうか。

卵の大きさがわかりにくいので1mmの目盛りを紙に書いて置いてみた。やはりほかの大型のシミの卵と比べるとひとまわり小さい。

産卵一週間後のヤマトシミの卵

2011-07-14

_ [観察][ヤマトシミ] 二週間後の卵

ヤマトシミの卵の様子は二週間たってもあまり変わっていないように見える。しいて言うなら黒い点があるように見えなくもないといったところか。

それよりも卵が増えたことの方が変化としては大きい。写真左ではほかと比べてより白い卵が二個見える。色が白いことから新しい卵であることがわかる。

この写真は飼育箱の下に鏡を置いて鏡像を撮ったもの。実際の様子は写真右のような状態で、上端に写っているのが本物の卵である。

ヤマトシミ産卵後二週間の卵鏡像写真

2011-07-20

_ [観察][セスジシミ] 新しいセスジシミ

セスジシミがやって来た。これは新たに譲っていただいたものだ。ありがたいことである。

新しいセスジシミは体長が8mmほどのメスだった。メスなのであと4~5mmは大きくなると思われる。「メスなので」というのはどうもシミはメスの方がオスより少しだけ大きいようだからである。セスジシミに限ってはなぜかメスしか見たことがないのだが、体長は12~3mmぐらいになる。

譲ってもらったセスジシミ

2011-07-21

_ [観察][ヤマトシミ] ヤマトシミ三週間後の卵

ヤマトシミの卵を見つけてから三週間たった。シミが卵をけ飛ばしたのか、先週とは位置が違っている。写真左上の卵はほかの卵よりやや白いので先週見つかった新しい卵だろう。
ヤマトシミ三週間後の卵

シミの方はというとみんな少し大きくなった。4匹しか写っていないのは先週一匹が死んでしまったためだ。まだ若かったはずなので残念である。

写真は光の反射があって見づらいが、光っているのは一度丸めてのばした食品パッケージの透明フィルムである。こうすると適当な隙間が出来てシミは気に入った隙間の位置にやってくるようだ。

ヤマトシミ

2011-07-26

_ [その他] 新築

新しいセスジシミ用に積層住宅を新築した。

竹串はカビが生えるので柱には綿棒の軸(プラスチック)を使った。

シミ用住宅

_ しみぬき [元気に生きているようでなによりです。 日記の更新毎週たのしみに読んでいます。]

_ ぽんぽこ豆 [コメントありがとうございます。 更新頻度は低いですが今後もよろしくお願いします。]


2011-07-28

_ [観察][ヤマトシミ] 四週間後の卵

四週目になったヤマトシミの卵は全滅かもしれない。一枚目の写真を見ると卵は丸みがなくなりへこんでいる。ここで先週の写真をあらためて見てみると卵が少し小さくなって丸みが失われつつある事にいまさらながら気付く。卵そのものに問題があったのだろうか。それとも無精卵だったのだろうか。写真では丸い卵が二個見えるが、これは最初の卵から二週遅れで産まれた卵だと思われる。別の位置にある卵(写真二枚目)を見てみると、やはりこちらもへこんだ卵と丸い卵が混在している。なんとか無事に幼虫が出てきて欲しいものだ。

ヤマトシミの卵ヤマトシミの卵

2011-07-29

_ [観察][セスジシミ] 新旧セスジシミ

新しくやって来たセスジシミが脱皮した。少し短かった触角も再生されて長くなった。写真ではわかりづらいが、触角の影が右下の方向に伸びているのが確認できる。

一方我が家で捕まえたセスジシミはかなり動きが鈍くなっている。そろそろ寿命かもしれない。

脱皮したセスジシミ

サイトトップ 日記トップ 追記

紙魚日記まとめページへ(駆除についてはこちら
紙魚日記ギャラリー

広告について